ブログ

姿勢矯正が必要な理由と回数について

こんにちは大河内です。

今日は

姿勢矯正が必要な理由と矯正施術を受ける回数について

お話しをしていきます。

※痛み(症状)を取るために行う場合

姿勢矯正:背骨矯正・骨盤矯正 は重要な役割をしています。

姿勢が悪く、身体が歪んでいると

骨盤や背骨は歪んできます。

※歪みは横にズレルと言うよりも左右に捻じれる感じです。

歪みが出ると

①歪みがある場所の筋肉・関節にストレスが大きくかかるようになります

②筋肉がもう限界だ!!となると痛み(硬結・損傷・炎症)が生まれてきます

③ストレスを受けた筋肉は緊張して固くなり血管や神経を圧迫することもあります

 ↑冷えや痺れなどにつながります。

 

歪みを治さずに治療をすると

『治療を受けた時は良くなるが直ぐに症状が戻ってしまう』

と言うような状態が続きます。

頚が痛い、肩こり、頭痛の方がマッサージを受けてその時はマシになるけど

1日も経たないうちに元と同じ状態に戻って治らない、、、

なんて事は良くあることです。

①筋肉や関節にかかるストレスを取りぞのけていない

②悪い姿勢が癖づいている

↑この症状の原因が改善されていないためです。

 

痛みを改善する理想の治療は

身体の歪みを改善する ⇒骨盤・背骨を支えている筋肉の緊張や柔軟性を改善する ⇒血液の循環が良くなり治癒力アップ

と言う流れを治療で行い

ひとりひとり持っている自然治癒力を最大限引き出した状態にします。

そうする事で一番早く症状が改善していきます。

 

★矯正治療を受ける回数について

骨盤・背骨の歪みが改善されるまでが理想なのですが

それって何回?どれくらいの期間?

となりますよね?

症状や来院数・間隔にもよっても変わってきますが参考として

①初診から2〜3回は続けて行う(2週間以内に3回来院出来る場合)

 その後は姿勢・歪みの状態を診て判断する

②週に1回の来院の方は毎回行う

と言う場合が多いと思われます。

治療を継続して行く中で大きな歪みも改善しくと

日常生活での姿勢とマッサージやストレッチのみでも改善していきます。

歪みが起こった原因が

・日常生活のクセ

・仕事の姿勢

・痛みをかばう動作

である場合はしっかりと日常生活でのセルフケアの方法もお伝えしていきます。

症状が長く続くと痛み以外に精神的にもやる気が起こらなくなってきます。

痛み・症状を改善するには

原因となる姿勢の歪みを改善する事が

早期改善・早期治癒につながりますので背骨・骨盤矯正が必要となります。

 

患者さんひとりひとり症状や状態が異なりますので

また治したい期間などによっても治療が変わってきます。

症状や目的に合う治療内容と期間を提案していきますので

何か気になる事がありましたらご相談ください。

 

院長 大河内康寛


今年は はるか整骨院についてたくさん紹介していきます♪

こんにちは院長の大河内です。

2021年はどのような年になるのか解らない現状にいます。

その中で

はるか整骨院は

患者さんに“心身ともに健康”を手に入れて貰う事を

【使命】として邁進してまいります。

そのため患者さんにより多くの情報をお伝えしていきたいと考えています。

 

何か疑問や質問がありましたら

何でもお問い合わせください。

はるか整骨院

院長 大河内康寛


あけましておめでとうございます♪1月の祝日診療について

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年も1月4日(月)より
通常診療をいたします。
※午後の診療受付は19時までとさせて頂きます。

年末年始での身体の不調がありましたらご相談ください。

新型コロナウイルスにおきましては全国的に感染者も急増しています。

もう一度、
コロナウイルス対応
・手洗い
・うがい
・マスク
や消毒を高い意識で取り組みを行いましょう♪
1月のはるか整骨院の祝日診療の案内になります。

1月11日(月・祝日)

は祝日診療を行います。
午後の診療受付は19時とさせて頂きますのでお間違えの無いようご注意ください。

今年も心身ともに健康で充実した年になりますように願っております。

院長 大河内康寛


はるか整骨院 12月の休診日のお知らせ

こんにちは大河内です。

今年も12月になりました。
年末になると日常もお仕事も慌ただしくなってきます。

また、新型コロナウイルス感染者も急増しているこの時期ですので

もう一度、
コロナウイルス対応
・手洗い
・うがい
・マスク
や消毒を高い意識で取り組みを行いましょう♪

最近、以前と比べて意識が低くなっている感じをうけます。

院内では
マスクの着用
または
息苦しさや持病などで
マスクをしていない場合
に関しては私語などには気を付けてください。

12月のはるか整骨院の休診日の案内になります。

今月は11月の祝日診療の振替として

12月16日(水曜日)
12月23日(水曜日)

を臨時休診とさせていただきます。

【年末の診療】は

12月31日(木)

の午前中まで行います

お身体に不調がありましたら直ぐに来院してくださいね。

お間違えの無いようご注意ください。

院長 大河内康寛


はるか整骨院 11月の休診日のお知らせ

こんにちは大河内です。

11月になりました。
今年も後2か月になります。

若干、コロナウイルス感染者も増えています。
コロナウイル対応は
・手洗い
・うがい
・マスク
や消毒と今までと行う事は変わりませんが、もう一度高い意識で取り組みを行いましょう♪

院内では
マスクの着用
または
息苦しさや持病などで
マスクをしていない場合
に関しては私語などには気を付けてくださいね♪

11月のはるか整骨院の祝日診療日と休診日の案内になります。

今月

11月3日(火・祝)
11月23日(月・祝)

は祝日診療を行います。
※午後の診療は19時までの受付になります。

また

11月18日(水曜日)

を祝日診療の振替として臨時休診とさせていただきます。

お間違えの無いようご注意ください。

院長 大河内康寛


はるか整骨院 10月の休診日のお知らせ

こんにちは大河内です。

10月になり気温がグッと下がってきました。

ぎっくり腰や寝違えの患者さんが来院してきています。

気温の変化や冷えから来るものや

夏の疲れから来るものなど

ふとした時に痛めてしまいます。

来院による身体のケアは勿論ですが

就寝前のストレッチなどのセルフケアも心がけて行きましょう♪

 

10月のはるか整骨院の休診日の案内になります。

 

10月21日(水曜日)

10月28日(水曜日)

 

を祝日診療の振替として臨時休診とさせていただきます

お間違えの無いようご注意ください。

 

院長 大河内康寛


はるか整骨院 9月祝日診療・休診日のお知らせ

こんにちは大河内です。

少し朝晩が冷え込むようになってきました。

気温の変化による体調不良などにも気を付けて行きましょう。

コロナウイルス感染症については

半年も過ぎ少し気の緩みも出てきていると思いますが

手洗い・うがい・消毒・マスクの徹底をもう一度行いましょう。

 

9月のはるか整骨院の祝日診療と休診日の案内になります。

 

9月21日(月・祝日)敬老の日

9月22日(火・祝日)秋分の日

は祝日ですが通常通り 午前・午後とも診療致します。

※午後の受付時間が19時までとなりますのでお間違えの無いようお願いいたします。

 

祝日診療の振替休診としまして

9月23日(水) 

9月30日(水)

を臨時休診とさせていただきます

お間違えの無いようご注意ください。

 

気候の変化による体調不良や

寝違え、ぎっくり腰などの症状が良く見られます。

早期改善・身体のケアの意識は大切です。

コロナウイルスと肩だの健康の共存生活を考えて行動していきましょう。

院長 大河内康寛


はるか整骨院 7月休診日のお知らせ

こんにちは大河内です。

コロナウイルスも少し落ち着いたと思ったのもつかのま。。。

少し感染者が増えて来ていますので

まだまだ安心して過ごせない日が続いています。

人の多い場所は出来るだけ行かないように

長時間滞在するような場所には行かないようにして行きましょうね♪

 

ただし、身体はしっかりと動かすようにお願いします。

思っているよりも動かなくなっています。

自宅でもストレッチや体操が出来ると良いですね。

 

7月のはるか整骨院の休診日の案内になります。

 

7月23日(木・祝日)海の日

7月24日(金・祝日)スポーツの日

は祝日ですが通常通り 午前・午後とも診療致します。

7月25日(土)も通常通り午前の診療は行っております。

 

祝日診療の振替休診としまして

7月15日(水) 

7月29日(水)

を臨時休診とさせていただきます

お間違えの無いようご注意ください。

 

もう直ぐ、梅雨も明け

暑い日が続くようになります。

しっかりと身体の不調は取り除くようにして行きましょう♪

少しの痛みや気になる事がありましたら

直ぐにご相談ください。

早期改善・早期治癒の意識は大切です。

コロナウイルスとの共有生活を考えて行動していきましょう。

院長 大河内康寛


患者さんからの声 “もう限界・・・・身体が痛い!” コロナウイルス自粛

こんにちは大河内です

今日は先日来院された患者さんからのお声を紹介します。
 
“もう限界・・・・身体が痛い!”
そう言ってひと月ぶりに来院された患者さんがいました。
 
コロナウイルスで自粛をしていたところ
仕事はテレワーク
身体はいつもよりも負担をかけていない
外出も自粛をしていた
不要不急を守り
身体の事を考えて生活をしている患者さんでした。
 
しかしここ1週間
腰から下半身にかけて痛みが強くなり
もう限界を感じて整骨院に駆け込んできました。
 
身体を診ると
・姿勢が今までよりも歪んでいる
・関節の可動域・柔軟性が悪い
 
状態は関節や筋肉の炎症というよりも
筋肉関節の拘縮・萎縮 “縮んでいる”と言う状態です。
 
テレワークになり自宅での姿勢が悪くなり
身体の歪みが生まれ
関節や筋肉負担が大きくかかってきました。
 
いつも通り通勤をしていたなら
歩く事や動く事で筋肉や関節は多少なりとも柔軟性を取り戻すのですが
今回は1か月まったく!!
動いていないようで・・・もう身体がガチガチになっていました。
 
背骨と骨盤の矯正をして
特に“股関節”の可動域を広げるように
ストレッチをしました。
 
1回の治療で5割以上改善したようですが
1か月と言う期間を元に戻すためには
早くても2週間は必要と伝え週に2回は来てもらいました。
 
3回目くらいには8割は改善をしていたようですが
自粛=健康
では無い事を患者さんは時間して
“アカン・・・適度に来院してたら良かった・・・”
と言っていましたが
 
来院する事も良いのですが
コロナウイルスの自粛時期は自宅でしっかりと
ストレッチをする!!
今まで通勤していた時間は散歩に出る!!
と言うような健康を維持する事をしなければイケません。
 
不要不急での自粛は命を守るモノ
身体を動かす、太陽を浴びる、散歩をする
勿論、治療・身体の調整は健康を守るモノ
 
と言うように自粛は健康になる訳ではありません。
もうそろそろ自粛期間も解けてきます。
出かけるでは無く
身体の健康を取り戻すための
運動・生活・治療
を意識して身体の機能を改善していきましょう♪
 
命を守りながら
“健康を取り戻す!”
これからはこれが必要ですね!
 
患者さんの“もう限界や・・・・”
と言うお声は最近ちらほらお聞きします。
早期改善・早期治癒のためにも
あまり我慢はしないようしてください。
 
今日は患者さんからの声
“もう限界・・・・・”
についてのお話しでした(*´ω`*)
まだまだ気を抜かず
身体の健康を取り戻しましょう♪
 
何かありましたら直ぐにご相談してください。
院長 大河内康寛

12345...